技術とか戦略とか

SIerで証券レガシーシステムを8年いじってからSESに転職した普通の文系SEによる技術ブログ。

Chromeでharファイルを出力する手順

ChromeデベロッパーツールのNetworkタブでは、アクセスしたページとやりとりされたリクエストやレスポンスについて、その内容や所要時間を確認することができます。
そして、Networkタブで確認した内容は、harファイルと呼ばれるファイルに出力し、保存することができます。
 
harファイルを出力する手順は以下の通りです。
 
【手順】
1.Chromeを立ち上げる。
2.F12でデベロッパーツールを立ち上げる。
(「その他ツール」→「デベロッパーツール」、Ctrl+Shift+Iでも可)
3.「Network」タブをクリックする。

f:id:akira2kun:20210529224126j:plain

4.録画状態なら停止する(画像中③が赤丸ならクリックして黒丸にする)
5.既に出力されているリクエスト・レスポンスを削除する(画像中①をクリック)
6.「Preserve log」にチェックを入れる(画像中②のチェックを入れる)
7.録画状態にする(画像中③をクリックして赤丸にする)

f:id:akira2kun:20210529224138j:plain

8.ブラウザ上で任意の操作を行う(リクエスト・レスポンスが記録される)
9.画像黄枠内で右クリックし、"Save all as HAR with content"をクリック

f:id:akira2kun:20210529224151j:plain

10.ファイル保存ウインドウが開くので、任意のフォルダにharファイルを保存
 
----
 
ちなみに、harファイルはjson形式で保存されています。
そのままでは人間の目で確認するのが困難ですが、"HTTP Archive Viewer(http://www.softwareishard.com/har/viewer/)"のようなページでharファイルを解釈することで、ChromeのNetworkタブのような表示形式に加工することができます。

 

f:id:akira2kun:20210529224213j:plain