技術とか戦略とか

SIerで証券レガシーシステムを8年いじってからSESに転職した普通の文系SEによる技術ブログ。

ChromeからJavaScriptを実行する

Chromeデベロッパーツールの機能の一つであるConsoleでは、任意のJavaScriptを実行することができます。
コマンドプロンプトDOSコマンドを実行するような感覚でJavaScriptを実行することができるので、JavaScriptの仕様のちょっとした確認を行いたい場合に便利です。
 
【手順】
1.Chromeを立ち上げる。
2.F12でデベロッパーツールを立ち上げる。
(「その他ツール」→「デベロッパーツール」、Ctrl+Shift+Iでも可)
3.「Console」タブをクリックする。
4.任意のJavaScriptを記述し、実行する。
(Shift+Enterで改行、Enterで実行)

f:id:akira2kun:20210529182900j:plain



 
----
 
また、Consoleで実行するJavaScriptにより、現在開いているページに影響を与えることもできます。
例えば、MDNのJavaScriptチュートリアルのトップページ(https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript)にアクセスし、下記コードを実行すると、ページの文字列置換('JavaScript'を'[JavaScript]'に置換)を行うことができます。
 
document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/JavaScript/g,'[JavaScript]');

 

f:id:akira2kun:20210529182915j:plain