技術とか戦略とか

SIerで証券レガシーシステムを8年いじってからSESに転職した普通の文系SEによる技術ブログ。

Excel:ピボットテーブルの使い道と作り方(テストデータ付き)

ピボットテーブルとは、集計作業を行う機能のことです。
自力で集計用の表を作成して関数を書くことでも集計作業は可能ですが、ピボットテーブルを用いればマウス操作だけで簡単に集計作業を行うことができます。
 
今回は、試しにピボットテーブルで架空の体力測定結果を集計してみます。
握力について、男女で差があるのか、測定月で差があるのかを、平均値を出すことで確認します。
 
なお、使用するデータは以下からダウンロードできます。
手を動かしながら覚えたい方はぜひ。
https://1drv.ms/x/s!AivF3bzWXOzukHtXk5hscKYqkLkM
 
----
 
1.集計作業を行う表をドラッグで選択し、挿入>ピボットテーブルを選択する。

f:id:akira2kun:20201204213710j:plain

2.ドラッグした範囲が自動的に選択されているので、OKボタンを押下する。

f:id:akira2kun:20201204213734j:plain

 

3.ピボットテーブルのシートが生成されるので、列に測定月、行に性別、値に握力(kg)をドラッグして選択する。

f:id:akira2kun:20201204213749j:plain

 

4.「合計 / 握力(kg)」の右にある矢印を選択し、値フィールドの設定を選択する。

f:id:akira2kun:20201204213805j:plain

 

5.デフォルトでは合計が選択されているので、平均を選択し、OKボタンを押下する。

f:id:akira2kun:20201204213821j:plain

 

6.性別ごと、また測定月ごとで、握力(kg)の平均値が算出される。

f:id:akira2kun:20201204213842j:plain

 

 これで、男女では大きな差があるが、測定月では大きな差がないことが一目でわかるようになりました。