技術とか戦略とか

SIerで証券レガシーシステムを8年いじってからSESに転職した業務系エンジニアによる技術ブログ。

Vue.js:「算出プロパティ(computed) vs 監視プロパティ(watch)」を実際に書いてみた

Vue.jsの公式ドキュメントにて、算出プロパティ(computed) と 監視プロパティ(watch) の違いについて触れられています(https://jp.vuejs.org/v2/guide/computed.html)。
しかし、例となるコードはユーザー入力を受け付けないごく簡単な例であるため、computedとwatchの違いを実感するのが少し難しいのでは、と個人的に思いました。
そこで、私の方でユーザー入力を追加したより実践的なコードを書きましたので、公開します。
 
【画面の動き】
以下のように、2つのテキストボックスを用意しました。

f:id:akira2kun:20220122194916j:plain

 
テキストボックスに入力を行うと、入力した内容をスペース区切りでリアルタイムに表示されます。

f:id:akira2kun:20220122194941j:plain

 
【サンプルコード】
watchを使う場合
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Vue.js - Test</title>
</head>
<body>

<div id="app">
  <input v-model="firstName">
  <input v-model="lastName"><br>
  {{ fullName }}
</div>

<script src="https://unpkg.com/vue"></script>
<script>
  var vm = new Vue({
    el: '#app',
    data: {
      firstName: '',
      lastName: '',
      fullName: ''
    },
    watch: {
      firstName: function (val) {
        this.fullName = val + ' ' + this.lastName
      },
      lastName: function (val) {
        this.fullName = this.firstName + ' ' + val
      }
    }
  })
</script>
</body>
</html>
 
・computedを使う場合
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Vue.js - Test</title>
</head>
<body>

<div id="app">
  <input v-model="firstName">
  <input v-model="lastName"><br>
  {{ fullName }}
</div>

<script src="https://unpkg.com/vue"></script>
<script>
  var vm = new Vue({
    el: '#app',
    data: {
      firstName: '',
      lastName: ''
    },
    computed: {
      fullName: function () {
        return this.firstName + ' ' + this.lastName
      }
    }
  })
</script>
</body>
</html>
 
【computedとwatchの違いの補足】
公式ドキュメントでは、watchについて「命令的で冗長」と書かれています。
watchでは、監視対象のそれぞれの変数について、値が変わった時に実行する処理を記述する必要があります。
また、computedのように変数を定義するという形の記述ではないため、dataにて変数を別途定義する必要が出てきます。
watchを使用する場合は変数「fullname」をdataで別途定義しているが、computedを使用する場合は変数「fullname」をcomputedで定義できる)
そのため、watchでは記述が冗長になる傾向にあります。
 
しかし、公式ドキュメントに書かれている通り、watchでないと実装できない場合もあるので、使い分けが大事です。