技術とか戦略とか

SIerで証券レガシーシステムを8年いじってからSESに転職した普通の文系SEによる技術ブログ。

JavaScript:matchメソッドで文字列抽出を行う

JavaScriptのmatchメソッドは戻り値に特徴があり、戻り値を利用して文字列抽出もできるようになっています。
今回は、文字列抽出の方法を紹介していきます。
 
----
 
matchメソッド(String.match)では、引数で与えた文字列が含まれるかどうかを返すメソッドです。
引数で与える文字列には、正規表現を使用することも可能です。
 
引数で与えた文字列が含まれない場合には、以下のようにnullが返却されます。
 
【サンプルコード】
・test.js
const str = 'hoge1fuga2';
const ret = str.match(/piyo/);
console.log("■戻り値全体を参照");
console.log(ret);
 
【実行結果】
c:\tmp>node test.js
■戻り値全体を参照
null
 
----
 
含まれる場合は、以下のように色々な情報が返却されます。
配列で返却され、一致した箇所を抜きだした文字列が添字0の要素に格納されます。
また、indexキーには一致した文字列が何文字目に存在するか、inputキーには走査対象とする元々の文字列が格納されます。
groupsキーについては後述します。
 
【サンプルコード】
・test.js
const str = 'hoge1fuga2';
const ret = str.match(/fuga/);
console.log("■戻り値全体を参照");
console.log(ret);
console.log("■一致した文字列のみ参照");
console.log(ret[0]);
 
【実行結果】
c:\tmp>node test.js
■戻り値全体を参照
[ 'fuga', index: 5, input: 'hoge1fuga2', groups: undefined ]
■一致した文字列のみ参照
fuga
 
----
 
matchメソッドの引数では、gオプションを指定することが可能です。
gオプションを指定すると、一致する文字列を見つけても走査を続け、一致する文字列を全て抜き出すという動きになります。
戻り値の形式もgオプション指定時には変更され、以下のように一致した全ての文字列が添字0の要素、添字1の要素…に格納されます。
 
【サンプルコード】
・test.js
const str = 'hoge1fuga2';
const ret = str.match(/[0-9]/g);
console.log("■戻り値全体を参照");
console.log(ret);
console.log("■1つ目の一致した文字列のみ参照");
console.log(ret[0]);
 
【実行結果】
c:\tmp>node test.js
■戻り値全体を参照
[ '1', '2' ]
■1つ目の一致した文字列のみ参照
1
 
----
 
matchメソッドの引数で使用できる正規表現には、キャプチャグループというものが存在します。
キャプチャグループとは、"()"で囲った箇所をグループ化するというもので、抽出条件には影響しませんが、抽出結果をグループ分けすることができます。
キャプチャグループが存在する場合は、添字1の要素に1つ目のキャプチャグループ、添字2の要素に2つ目のキャプチャグループ…といった具合に、戻り値でキャプチャグループの箇所を抽出することができるようになります。
キャプチャグループを使用することで、柔軟な文字列抽出が可能になります。
 
【サンプルコード】
・test.js
const str = 'hoge1fuga2';
const ret = str.match(/(fuga)([0-9])/);
console.log("■戻り値全体を参照");
console.log(ret);
console.log("■2つ目のキャプチャグループのみ参照");
console.log(ret[2]);
 
【実行結果】
c:\tmp>node test.js
■戻り値全体を参照
[
 'fuga2',
 'fuga',
 '2',
 index: 5,
 input: 'hoge1fuga2',
 groups: undefined
]
■2つ目のキャプチャグループのみ参照
2
 
----
 
キャプチャグループには名前を付けることができます。
"(...)"を"(?<hoge>...)"とすることで、名前を付けることができます。
"<"と">"で囲った箇所が、キャプチャグループの名前になります。
名前付きキャプチャグループを使用している場合は、戻り値のgroupsキーで抽出が可能になります。
 
【サンプルコード】
・test.js
const str = 'hoge1fuga2';
const ret = str.match(/fuga(?<digit>[0-9])/);
console.log("■戻り値全体を参照");
console.log(ret);
console.log("■名前付きキャプチャグループのみ参照");
console.log(ret.groups.digit);
 
【実行結果】
c:\tmp>node test.js
■戻り値全体を参照
[
 'fuga2',
 '2',
 index: 5,
 input: 'hoge1fuga2',
 groups: [Object: null prototype] { digit: '2' }
]
■名前付きキャプチャグループのみ参照
2