技術とか戦略とか

証券レガシーシステムを8年いじってから転職した普通の文系SEによるブログ。技術のみではなく趣味の戦略考察についても。

たまたま手元にあったもので立体マスクを作ってみた

無いなら作れば良い、ということで作ってみました。
原材料すら入手困難という話もありますが、補修布として使っている古着+使い捨てマスクから切り取ったゴムでも十分作成できました。
(ということで、特別に何か用意しなくても工夫次第で作成できると思います)
立体マスクなので平面マスクに比べて有効性が高いですし、洗って再利用もできるので経済的です。
 
f:id:akira2kun:20200328011621j:plain

 
こちらのページを参考に作成しました。
 
【無料型紙あり】20分で完成!立体マスクの作り方   nunocoto fabric.htm
https://book.nunocoto-fabric.com/15460
 
型紙を用意するように書かれていますが、PDFファイルを100%表示して大体のサイズ感を掴んでからフリーハンドで切り取る、でもある程度形を整えることはできます。少し大きめに切ってから後で細かく切って形を整える、縫い方を工夫して形を整える、といったことをすれば良いです。
(ちなみにアイロンや待ち針も使用しませんでした)
 
ゴムは適当に用意したもので長さが足りないので直接縫い付けてます。強度的には不安ですが、糸と針を持ち歩いていれば外出先でも縫い直せますし、どうしても駄目なら後で十分な長さのゴム(任意のゴムを結び合わせたものでも良い)を用意して通せば良いです。
(マスク関係無く糸と針は持ち歩いていた方が便利だと思います。シャツのボタンが外れた時の処置等でも使えるので。)
 
なお、参考にしたページでは20分で完成と書いてありますが、私が作った時は1時間~1時間半程度かかりました。
裁縫に慣れていたり2枚目以降を作成したりする場合は別かもしれませんが、そうでないならそれぐらいの時間は見た方が良いと思います。