技術とか戦略とか

証券レガシーシステムを8年いじってから転職した普通のSEによるブログ。技術のみではなく趣味の戦略考察についても。PCから見た方が色々見やすいと思います。

情報処理技術者試験対策「マスマーケティングとワントゥワンマーケティング」

今回は「マスマーケティング」と「ワントゥワンマーケティング」について説明します。
 
この2つの用語について、簡単に説明すると下記の通りです。

  • マスマーケティング
    同種の商品を大量生産することで、商品1個あたりの生産コストを下げ、安価での提供が可能になる。
    特にターゲット顧客を決めることなく、大量に生産された安価で画一的な商品を市場全体に売り込む手法。
  • ワントゥワンマーケティング
    一人一人の嗜好に合わせたマーケティング・商品展開を行うことで、顧客との良好な関係を築き、長期にわたって自社の商品を購入してもらうことを目指す手法。 

かつてはテレビや看板等の大衆向けの広告で売り込むしかなかったため、マスマーケティングが有効でした。
しかし、IT化が進んだ現代では、1人1人の顧客の嗜好に関するデータを入手することが容易になったため、ワントゥワンマーケティングが有効になりつつあります。
 
例えば、CDを購入する際、インターネットが普及するまではCD屋さんで広告で売り込まれているCDを買うのが主流でした。
しかし現在は、Amazonに代表されるECサイトで、過去の購入履歴等から自動的にお勧めのCDが広告として表示されるようになりました。
前者がマスマーケティング、後者がワントゥワンマーケティングであり、後者の方が1人1人に合わせた広告を出している分満足度が高くなりやすく、顧客の定着に繋がります。
-------------------
目次

https://1drv.ms/b/s!AivF3bzWXOzuhG1Xk5hscKYqkLkM

 
ワントゥワンマーケティングは試験で問われることがあります。
また、IT化とも関連が深い用語なので、今回記事にすることとしました。